料理人を通して見る、知る 食の世界「キュイジニエ・オンライン」 CUISINIER ONLINE

    Serial連載

    川手 寛康連載インタビュー Portrait

    Vol.6  Album Reborn-Art Festival 2017(2/3)

    宮城県の石巻・牡鹿半島で行われる、アート、音楽、食のイベント「Reborn-Art Festival」。レストランReborn-Art DININGでは、日本各地のシェフが、石巻を中心とした地元の食材で料理します。
    フロリレージュ川手シェフは前回2017年も参加。当日の様子をお届けします。

    • Aug. 08, 2019
    • ゲストが着席しました。サービス担当のスタッフと確認作業。

    • 伊藤シェフにホヤの扱いを聞く川手シェフ。

    • ホヤに合わせるキノコ。塩の強さを確認。

    • 最初のドリンクが出ました。

    • シェフたちは盛りつけのイメージを共有します。

    • 川手シェフは最初に一つずつ見本を作りました。

    • みなさん一度で覚えて盛りつけていきます。

    • 客席で仕上げる料理も、スムーズに提供されました。

    料理はほぼ全て事前の試作なし、一発勝負です。味見をした川手シェフが一言伝えると、どのシェフも難なく応えました。

    • ホヤはキノコと軽い煮込みに。

    • お皿は進み、コースの後半へ。あとは魚と肉です。

    • ここで少し、ホッとした空気が流れました。

    仕込み開始からランチまで、3時間と少し。みなさん、内心ひやひやだったそうです。

    • 魚料理。アイナメのだしのフランに、香ばしく焼いたアイナメ。

    • フェンネルのサラダと泡をのせて。

    • 続いて肉料理。

    • 牛肉に、骨髄を使ったソースです。

    • 川手シェフは、シェフたちとの会話を大切にしているようでした。

    • デザートは宮城のジャージーの牛乳アイスとヨーグルトムース。

    ランチは二部制。1回転目があわただしくも無事に終了しました。

    つづきます